WordPress All in One SEO Packの設定

WordPress を利用するなら、アフィリエイト初心者やそうでない方にとって
必要不可欠と言えるプラグインが複数あります。
その中においても、All in One SEO Pack は非常に重要性が大きいプラグインです。
SEOがよくわからないと感じている初心者には絶対に導入をおすすめします。

何といっても、このプラグインは、
WordPress の集客を成し遂げるために外すことのできない
SEO のメタ要素のセットソーシャルメディアの拡散効果を押し上げる
OGP の設定クローラーの巡回を促進する XML Sitemap の設定という3つの設定を
一挙に行なっているからだ。
本日は、そんな必要不可欠プラグインである
All in One SEO Pack の効果を発揮する設定手法をお教えします。
All in One SEO Pack は高機能なゆえに、設定項目が多いです。
WordPressを初めて使用する方なら一回はみんな感じるはず。
「どこをどうセットすればいいのかわからない。」
そのほか使用しているテーマによって
設定しなくてもいい事項も有ったりしますので
順番に進めていけばすぐに終わります。

スポンサーリンク

プラグインのインストールと有効化

管理画面の「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。
次に下図のように検索ボックスに「All in One SEO Pack」と入力し、検索します。
すると一番上に表示されますので「今すぐインストール」をクリックし、その後「有効化」します。私の場合は、既にインストールしてありますので表示が少しことなりますが
初めての方は、隣の絵のようにインストール画面が表示されます。

これで「All in One SEO Pack」のインストールは完了です!

サイトタイトルとディスクリプションの設定

インストールが完了したら設定画面へ移動します。
管理画面の「All in One SEO Pack」の「一般設定」をクリックします。

設定画面に移動したら最初にサイトタイトルを設定していきます。

ここに入力した文字は下図のような検索結果で表示されるようになります。

続けて設定していきます。

Googleアナリティクスとサーチコンソールのセッティング

Googleアナリティクスとサーチコンソールのセッティングです。
「All in One SEO Pack」を活用したらメチャクチャ簡単に設定できます。
アナリティクスって?サーチコンソールって何なの?という方の為に
サクッと解説をしておきます。

Googleアナリティクス

お持ちのWEBサイトを見るために訪れてくれた人のサイト内での傾向を計測することの出来るツールです。
無料で利用OKなのにかなり高機能で、計測できる項目は随分多いです。
どういう風にしてあなたのサイトにやって来たのか?
どのページに関心を持ってもらえてるのか?
スマホが多いのか、PCからの訪問者が多いのか? など
いくつかのことがわかります。


Googleサーチコンソール

主としてあなたのWEBページが
どういったキーワードで何位に表示されているのかを確かめるツールです。
そのほか記事やコンテンツをアップさせたときにいち早く
Googleに通告する機能やどんな被リンクが行われるのか
といったこともチェックできます。

ざっくりとご覧のとおりですが、
両方設定しておくとウェブサイト作りに活用することができます。
忘れることなくセッティングしておきましょう。
先ずはGoogleアナリティクスのトラッキングIDを確保しておきます。
トラッキングIDの取得手順をご説明します。

スポンサーリンク

GoogleのアカウントとトラッキングIDの取得

下記からGoogleのアカウントを作成してください。
すでにGoogleのアカウントを持っている方はスキップしてください。

Googleのアカウントを作成

「お申込み」をクリック

アカウントの設定画面に移りますので順番に入力していきます。



トラッキングIDを取得をクリック
下記の画面に切り替わればOKです!
UA-から始まるところがトラッキングIDですのでコピーしておきます。

Googleアナリティクスのセッティング は以上で終了です。

スポンサーリンク

Googleサーチコンソールのセッティング 

ここからはサーチコンソールのセッティングです。

以下のURLをクリックします。

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

下図の画面になると思いますのでサイトURLを入力し、
「プロパティを追加」をクリックします。


サイト名を入力したら通知をクリック
すると下記の画面が現れます。

別の方法をクリックしてHTMLタグをクリック
表示されたHTMLタグの
<meta name=”google-site-verification” content=”の後ろの部分

meta name=”google-site-verification” content=”ここから~~~ここまで” />
を貼り付けます。

所有権の確認がとれた表示になればOKです。

アナリティクスの設定が反映されるまで少し時間がかかることがあります。
もし所有権の確認がうまくいかないときは、
30分ほど時間をあけて再度試してみてください。

noindexのセッティング

アーカイブページのnoindexセッティングをします。
この部分はいろんなとらえ方や見解があると思いますが、
自分は以下のような設定にしています。

ついでながらnoindexとは、
Googleに「このページは検索結果に表示させないよ」という事を伝えるものなのです。
どういう訳でそのような事をする必要があるの?って感じますよね。
SEO面では重複コンテンツや情報がないページは低評価となって、
サイト全体に影響が出てしまうことがあります。
記事のリストは重複することが多いので、
僕自身はnoindexにしています。
しかしカテゴリーページはSEO上いい評価になる傾向が見られるので、
noindexにはしていません。

キーワード設定

つぎにキーワードの設定ができるようにします。
WordPressは標準機能としてキーワードを設定する部分がないので、
このプラグインを活用してキーワードの設定をします。
今日この頃ではSEOにおいて、
キーワード設定自体の意味合いはそれほどないと言われていますが、
おこなっておいてマイナスになることはないのです。
設定方法は簡単で、下図のようにします。

最後に記事ごとのキーワード設定やタイトル設定のやり方についてご説明しておきます。

記事投稿画面の下に出てきますので画面をスクロールして確認してみてください。

忘れてしまった場合は、記事一覧からも設定できますので慌てないように

以上がAll in One SEO Packのセッティング方法です!
お疲れさまでした。