WordPress を無料で使用できるレンタルサーバー

スタートから、レンタル料金を使ってレンタルサーバーを利用しウェブサイトの運営を始めるより、とりわけ初心者の方においては、無料のレンタルサーバーを活用するのが賢明だと思います。
ウェブサイトへのアクセスが拡大してくれば、容量が多いものに変更する必要があると思いますが、そこに至るまでは無料レンタルサーバーが望ましいでしょう。
さまざまな無料レンタルサーバーの部分で、
アフィリエイト初心者でも手間なく WordPress をインストールしてサイトを管理できる
レンタルサーバー「WP blog」をお教えします。

レンタルサーバーの導入から WordPress の設定のやり方

はじめに、WPblog のホームページにアクセスします。

そうすると、 WPblog のトップ画面が表わされます。


ウィンドウ下部にある「無料お申し込み」ボタンをクリックしましょう。
そうすると、以下画面のように「お申し込みの流れ」の説明ウィンドウに変わります。



ここで、「Netowl」の新規会員登録を行うことが必要です。まずは、「会員登録フォームへ」ボタンをクリックしましょう。
そうすると、「お申し込みフォーム」画面が表わされるので、
メールアドレスを新規に登録申請します。


上記図のSTEP1のテキスト欄に登録申請する「メールアドレス」を入力してください。
それから、横の「確認メールを送信」をクリック行ないます。
メールを送信することで、ご自分のメール宛に「確認ID」が届けられます。


届けられた「確認ID」をSTEP3のテキスト欄に入力する
その後、「登録フォームへ移動」をクリックしてください。




「新規会員登録」の「お申し込みフォーム」に登録情報を入力します。
※印に注意しながら入力してください。
全ての入力が終了したら
「利用規約に同意する」のチェックボックスにチェックを入れる
以上、必要な情報の登録が終了すれば「確認画面」をクリックして下さい。



上の画面が「確認画面」で「確定する」ボタンをクリックしたら、
以下の「メンバー管理ツール」画面が提示されます。






ここに提供サービス一覧をご覧になるとお分かりになると思います。
レンタルサーバー:ウェブクロウ 無料
ウェブツール:Wordpress 無料で表示されています。

ここまでが、無料で利用出来るレンタルサーバーの導入方法です。 

WordPress のインストール方法

さっそく、実際にWordPress をインストールしてみることにします。
つい先ほどの[ウェブツール]の「WPblog」の「新規申込」をクリックしていきます。



この画面でお分かりの頂けると思いますが
まだ この時点では、アプリケーションが入っていない状態ですので
新規インストールを行いましょう。
新規インストールをクリックすると


必要事項を記入します。

バージョンとは WordPress のバージョン(現在は 4.5 である。)
アプリケーションIDとは アプリケーションID とは、
WordPress へのログインでの「ユーザー名」のことです。
ブログタイトルとは 自身のブログタイトルを入力する。
サイトアドレスとは もし独自ドメインを取得しているのであれば 独自ドメインを設定することも出来ます。
以上の事項に記入して「利用規約に同意する」にチェックして、「次へ進む」をクリックします。




以上のように、WordPress をインストールするためのデータベースを設定すると、
確定をうながす画面に変化します。
 「確定(アプリケーションをインストール)」をクリック行ないます。



以上でWordPressのインストールが完了しました。
では、さっそくWordPressにログインしてみましょう。
WPbrog管理のブログURLをクリックすると




ご自身のユーザー名とパスワードを入力してログイン!




ダッシュボードが表示されました。
以上で、無料レンタルサーバーの導入並びに WordPress のインストール・設定の仕方です。
その後は WordPress を好みのサイトにカスタマイズしてみてください。
お疲れ様でした。