Seesaaブログの投稿日を消す方法

昨日に引き続きseesaaブログの投稿日を消す方法についてご説明します。
アフィリエイト初心者の方は、チャックシートなどを作り
一つ一つクリヤーしてください。ここでの説明のほかにも
やり方は、色々あると思いますので
ご自身のスタンスに合ったやり方で進めていくことがベストだと思います。

seesaaブログの投稿日を消す方法

Seesaaブログの記事の日付を削除する方法を教えていきます。

日付は残しても全く問題はないのですが、
ブログを作ってほったらかしにするような状況だと「更新して無いブログ」と言われるのもヤダし、
日時は削除しておいても良いかも。
このタイトル下の日時を削除するやり方です。

日時を削除する方法は2とおりあります。

日時を削除する方法については大きく分けると2通りのやり方あると考えます。
スタイルシートで日時を非表示を選ぶ方法と
HTMLから日時を出力するコードを消し去る
手間がかからないのは一つ目のスタイルシートで削除する方法です。
スタイルシートにコードを1行プラスするだけで消し去る事が出来ます。
ただ、ブログのソースコードを見れば日時そのものはあります

多分、日時については特に見つかっても大丈夫だので、
一つ目の方法でOK!だと思われます。
比べて2つめの方法はHTMLの編集で「日付け」を出力するコードそのものを消し去るので、
ブログのソースコードをチェックしても日付けは出て来ません。
というわけで双方の方法を説明するので日時を消去したいという場合には好みの方を選択して対策してください。

スタイルシートで非表示




Seesaaブログの管理画面から『デザイン』から『デザイン設定』から『適応中のデザインタイトル』を
クリックして、『スタイルシート編集』のタブをセレクト。


スタイルシートの一番下に次のコードを付け加え。
.date {display: none !important;}
この方法で『保存』してブログの表示を確かめます。
もしも反映されない状態なら『Ctrl』と『F5』を一緒に押してリロード。
以上がスタイルシートでの『日時非表示』のやり方。

HTMLで日時を削除 ここから2つめのやり方。

HTMLの編集で日時を削除するケースではHTMLの2箇所を消し去ることになると思います。
『トップページの各タイトル下に出てくる日時』と『個別ページの記事タイトル下に出てくる日時』の2箇所を取り去っていきます。
HTMLの編集は始める前にメモ帳などにHTMLをコピーしておいてどんな時でも元に戻すことができるようにしてから行なうと便利です。
とりあえず、
Seesaaブログの管理画面から『デザイン』から『デザイン設定』から『適応中のデザインタイトル』を選んで、『HTMLの編集』タブに移行。『HTML』の中で次のコードを探し出します。
初期状態なら136行目付近に。



<span class=”icn icn–calendar”></span><time datetime=”<% article.createstamp | date_format(“%Y年%m月%d日”) -%>”><% article.createstamp | date_format(“%Y年%m月%d日”) -%></time>

それからこの中の次の箇所が日時を出力する部分なんで以下の箇所を削除。

このやり方でトップページの場合ではタイトル下の日時が消え失せているはず。
後もう一箇所似たような記述されています。個別ページの場合のタイトル下の日時です。
初期状態なら65行目付近にあります。


<span class=”icn icn–calendar”></span><time datetime=”<% article.createstamp | date_format(“%Y年%m月%d日”) -%>”><% article.createstamp | date_format(“%Y年%m月%d日”) -%></time>

このコードの内、次の箇所が日時を出力するコードになるので以下の箇所を削除。
以上2箇所を削除すれば
『トップページの記事タイトル下』の日時と
『個別ページの記事タイトル下』の日時を削除する事が出来ます。
万が一にも反映されない場合には
『Ctrl』と『F5』を一緒に押してリロードしてチェックしてみて下さい。
お疲れ様でした。